FC2ブログ


    薪ストーブ設置-後編  2011年12月15日

    縁側で一休憩の後、作業再開。

    設置位置までは台車でスムーズに移動。
    天井が低くなるので単管を2メートルの長さに変更し、再び吊り上げる。
    パーフェクトなプランのはずが・・・。
    なんとストーブの幅が大きすぎて、2メートルの単管で組むと中に入らない。
    違う角度で引いてみたり、横に滑らせたり。
    色々と試行錯誤で試してみたがどれもうまくいかない。

    そこで大田口カフェ御主人が『梁にチェーンブロックをかけたらいいんじゃないですか?』
    111215-7.jpg
    またまた神の一声・・・、ではなく御主人の一言。
    この出来事を私達は『大田口カフェの奇跡』と勝手に名付けてしまいました。
    111215-8.jpg
    『木がミシッとなったらやめましょう』と事前に打ち合わせし、
    『梁さん、お家さんよろしくおねがいします。ありがとうございます。』
    と200キロの重さに耐えられるようお願いしながら吊り上げてみると・・・。
    111215-9.jpg
    なんともいとも簡単にストーブが吊り上がってしまいました。
    なんとも偉大でなんともたくましい梁。
    これからも多くの人々を見守っていってくれることでしょう。
    ゆっくり位置を調整しながら炉台の上に降ろす。
    111215-10.jpg
    場所もピッタリと無事に設置完了!!

    まだ小さいお子さんはぐずりもせず、最後はぐっすりと寝ながら作業を見守ってくれていました。
    見学に来て突然作業することになったにもかかわらず、最後まで手伝って頂いた大田口カフェファミリーのおかげです。
    キッチンが完成したら、是非食事しに来て下さいね。
    本当にありがとうございました。感謝です。
    111215-11.jpg

    薪ストーブ設置-前編  2011年12月15日

    見学に来てくれたのは大田口カフェ御家族。
    空音遊から30分位、高知県に入った所にあるカフェです。
    以前から噂は聞いていたのですが、まさかこんな形でお逢いできるとは。
    そして御主人は作業手袋に長靴。
    その姿を見た瞬間『薪ストーブを設置するのですが手伝って頂けますか?』とお願いしていました。

    と言う事で、私達にとっては神様が与えてくれた救いのお方にありがたく協力して頂き、早速作業開始。

    3メートルの単管3本を専用のとめ金具で組み、チェーンブロックをかける。
    そして軽トラの荷台に載っている薪ストーブに設置し、“カラカラ”とチェーンブロックから上げていくと。
    111215.jpg
    おお、見事に吊り上がりました。
    これだけでも感動。
    111215-2.jpg
    すかさず軽トラックを移動し、今度は台車の上に載せる。
    そしてキッチン入り口まで移動。
    111215-3.jpg
    キッチン側の段取りをしている間に、大田口カフェファミリーに吊りあげたストーブを乗せる台を組み立ててもらう。
    初対面の人達なのに、全く気にせずお任せしてしまう。
    それを快く引き受けてくれる、なんとも素晴らしい御家族です。
    111215-4.jpg
    単管パイプ&チェーンブロックをキッチン入口に移動し、再度吊り上げる。
    吊り上げた下に、先程作ってもらった台を設置し、その上に台車。
    111215-5.jpg
    台車の上にストーブを降ろし、キッチン床の高さに台車を押す。
    見事キッチンの床にストーブが乗りました。
    111215-6.jpg
    う~む。ここまで計算通り。
    ストーブを設置する為に、考え抜いた案が見事に生かされました。

    長いので後編に続く。

    薪ストーブ設置への導き  2011年12月14日

    朝から薪ストーブを吊り上げるロープ(ベルト)を買いに行く。
    4メートルのものが欲しかったのだけど、売り切れ。
    池田のホームセンターにあったのは1メートルと3メートルが一つずつ。
    “香川まで買いに行くか?”と思って店を出たのですが、『つなげて使えばいいんじゃない?』とまたまた神(kaori)の一声。
    できるかどうかわからないけどそれ採用。

    と言うことでまさに今ベルトを買おうとレジにいる時に電話が鳴り、『今から作業の見学に行ってもいいですか?』と。
    こ、これはまたまた神から救いの手が差し伸べられた。
    『薪ストーブを運ぶのは今日しかない!!』と、すぐに帰路につきました。

    家に着くとすでに待ってくれている人達が。
    こうして一大イベント薪ストーブ設置の日が与えられたのです。

    煙突設置開始  2011年12月14日

    薪ストーブが運べないので煙突工事に取り掛かる。
    幸いにも冬晴れで雨の心配もなし。

    まずは室内から穴をあけるサイズを測る。
    111214.jpg
    おおよその場所に下からドリルで小さな穴をあける。
    111214-2.jpg
    次は屋根に上って、まずは瓦を撤去。
    瓦の下は土と杉皮で葺かれていた。言うまでもなく自然素材。
    100年経ってもしっかりと瓦を支えてくれていました。
    それらを取り除くのは少し悲しいですが、感謝の念を込めながら取り除き、天井板をノコギリできる。
    111214-3.jpg
    上から見るとこんな感じ。
    111214-4.jpg
    木枠の周りにはケイカル板(不燃材)を取り付けて火災の安全対策。
    その上に煙突を支えるルーフサポートを取り付ける。
    111214-5.jpg
    一度下に降りて煙突を仮り組みし、長さを計算。
    111214-6.jpg
    断熱二重煙突を通してみる。
    111214-7.jpg
    計算はしたけれど後はストーブを設置してからピッタリと取り付けた方がよいと思い、本日の煙突工事はここまでにする。
    室内は土や杉皮等がだいぶ落ちました。
    111214-8.jpg
    まだ明るいので次の作業。
    まず掃除してから、ストーブの炉台を設置。
    111214-9.jpg
    そして背面と炉台に不燃材のキッチンパネルを取り付け。
    これらはガス台周りに取り付けたのと同じ物。
    作業も2回目とあって、なんとか下準備を終える事ができました。
    屋根の下から上へ登ったり降りたりと、脚立が大活躍な一日でした。
    111214-10.jpg

    薪ストーブ到着  2011年12月13日

    改装の一大イベント。
    薪ストーブが到着しました。
    色々と検討した結果、自分で設置する事にしました。
    なんでも勉強と経験になりますからね。

    運送会社の方が運んできてくれたのですが、降ろす所から自分で行わなければいけません。
    ちょうど取材の方が来ていたので強引に手伝ってもらう。
    取材もこのタイミングで来てくれるのですから、神の助けですね。

    まずはトラックの手前まで引っ張りだす。
    重量は約200キロ。
    ここまでは男二人でできました。
    111213.jpg
    そしてトラックの荷台から降ろす工程。
    単管とチェーンブロックを使って引っ張ろうとしたのですが・・・、失敗。
    ロープの長さが足りませんでした。
    111213-2.jpg
    そして直接軽トラックの荷台に乗せる第2案を検討。
    トラックとの高さのずれをどうするか?
    111213-3.jpg
    だまって見ていたkaoriが急に出てきて、案を出す。
    男達のふがいなさに、黙っていられなかったのでしょう。

    そこでこの日の為に購入した台車(300キロまでOK)が登場。
    運送会社のお兄さんと男3人で台車に載せることに成功。
    そこからベニヤ板を坂道にして、うまく軽トラックの荷台へ移動。
    ここまでくれば一安心。
    111213-4.jpg
    中庭まで運んで木枠を取り外して軽くし、チェーンブロックを使って降ろそうとしたのですが、古いローブだと強度が問題だったのでひとまずこのまま終了。
    しばらく荷台に載ったまま保管する事にしました。
    111213-5.jpg
    ここまでできただけでも上等です。
    運送会社のお兄さん、取材のAさん、ご協力ありがとうございjました。
    Facebook
    はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ツイッター

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    カテゴリ
    過去ログ
    お勧め

    RSSリンクの表示
    最新記事
    最近のコメント
    ブログランキング
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking


    アクセスカウンター

    メールフォーム

    名 前: 
    メール: 
    件 名: 
    本文:

    ブログ内検索
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    331位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    四国地方
    31位
    アクセスランキングを見る>>
    関連リンク
    ブクログ
    フリーエリア