FC2ブログ


    いのちのバトンタッチ  2007年10月15日

    僕の場合、読書は学問であり、心磨きの一つでもあります。
    “食事は身体の栄養 読書は心の栄養”

    知識や技能を身につける参考書等はあまり読めませんが、生きていく上で人間として本当に必要な事は何なのか?
    をひたすら追求しているのかもしれません。

    さて本日のお勧めは
    いのちのバトンタッチ

    小児がんで6歳の娘を失った父親が、娘の死後8年を経て、その発病から11年にわたる想いを綴った涙と感動、いのちの再生の手記です。
    いのちの大切さ、生きる意味、家族の絆、人間愛、医療の原点をテーマとするまさに感動の1冊。(説明文より抜粋)

    涙なしでは読めません。
    たんに涙を誘う書ではなく、生きると言う事を魂に問いかける良書です。
    最も心に響いた一文だけ紹介させて頂きます。

    『いのちには限りがあるのです。だからこそ、強い想いを抱き、今を力の限り生きることが大切なのです。』

    日記を読んだらここをクリックしてね!!~人気blogランキングへ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Facebook
    はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ツイッター

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    カテゴリ
    過去ログ
    お勧め

    RSSリンクの表示
    最新記事
    最近のコメント
    ブログランキング
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking


    アクセスカウンター

    メールフォーム

    名 前: 
    メール: 
    件 名: 
    本文:

    ブログ内検索
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    545位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    四国地方
    46位
    アクセスランキングを見る>>
    関連リンク
    ブクログ
    フリーエリア