FC2ブログ


    山村体験学習の真髄  2007年06月01日

    布団を全部干し、シーツ類の洗濯や掃除。朝から洗濯機がフル回転。
    天候に恵まれ、洗濯物がすぐ乾く。

    昨日の夜、担任の先生からわざわざお礼の電話がありました。
    そして、生徒の一人からも電話をもらう。
    うまく表現できないけれど、たどたどしく
    『お世話になりました。ありがとうございました。』
    との心のこもった言葉に、心の底から感動した。

    2泊3日という限られた時間の中で、何を伝える事ができるのか。
    辛い作業の中にも楽しさを見出し、山村の生活から人間として最も重要な事を一つでも伝えたい。
    少なくともこのお礼の電話によって、彼らに小さな“何か!!”が伝わったと実感した。

    そしてHPの談話室には、昨年来てくれた生徒達の書き込みがあった。
    1年経った今でも、彼らの心にはしっかりと刻まれている事があるようだ。

    自分より若い世代へ伝えたい事。
    人間とは長い歴史をつないでいく事にこそ、生きている価値があるのではないか。
    その為には、まず自分自身がしっかりと修養、そして成長していかなければいけない。

    生徒を受け入れている最中にも、学ぶ事が多々有る。
    山村体験学習とは生徒達だけが学ぶのではなく、受け入れ家庭である僕らがそれ以上に学ばなければいけないと思うのです。

    写真は昼食の様子。新竹を切って、そうめんの器を自分達で作りました。07.06.01.jpg
    日記を読んだらここをクリックしてね!!~人気blogランキングへ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Facebook
    はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ツイッター

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    カテゴリ
    過去ログ
    お勧め

    RSSリンクの表示
    最新記事
    最近のコメント
    ブログランキング
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking


    アクセスカウンター

    メールフォーム

    名 前: 
    メール: 
    件 名: 
    本文:

    ブログ内検索
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    374位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    四国地方
    34位
    アクセスランキングを見る>>
    関連リンク
    ブクログ
    フリーエリア