縁側で朝食を  2006年10月02日

    朝から数十キロのハンマーを振り回す。2時間もすると手が上がらないくらいヘトヘトになる。“なかなかこれを一日するのは難しいなぁ~”と自分自身に妥協が入ってしまい、他の作業等に切り替える。
    午後になり少し回復したら解体作業再開。こんな感じで一日はあっという間だ。

    そんな中、安らぎの一時がある。朝食の時である。
    早朝は朝食前に動物の世話等をすると、丁度良い具合にお腹が空いてくる。“朝飯前”とはこの事で、身体にもお腹にも良いようだ。
    寒くなってきたとは言え、まだまだ朝食は縁側で食べる。時間がある時は本を読みながら1時間位かけてゆっくりと食べる。
    新鮮な空気を浴びながら、自然と向き合い、好きな本を読みながら、ささやかに一人の時間を楽しむのだ。
    そうするとゲストもちらほら起き出して、みんなつられて縁側で朝ご飯。同じ縁側に座り、同じ山を見、それぞれの時間だが一時を共有する。自然と出てくる会話には何か暖かみがある。

    “寸陰を惜しむ”と言う格言がある。“一時も無駄にしてはいけない”と言う意味だが、“無駄な一時なんて無い”とも解釈できる。
    まさにこういった時間が大切なのです。06.10.02.jpg
    日記を読んだらここをクリックしてね!!~人気blogランキングへ
    Facebook
    はてなブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ツイッター

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    カテゴリ
    過去ログ
    お勧め

    RSSリンクの表示
    最新記事
    最近のコメント
    ブログランキング
    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking


    アクセスカウンター

    メールフォーム

    名 前: 
    メール: 
    件 名: 
    本文:

    ブログ内検索
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    地域情報
    271位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    四国地方
    29位
    アクセスランキングを見る>>
    関連リンク
    ブクログ
    フリーエリア